« 追悼メッセージ2 | メイン | 追悼メッセージ4 »

2010年03月26日

●追悼メッセージ3

Peace World,
Over the last several days I have taken time to reflect and mourn the loss of my Uncle, Milton Hewlin (“One of the hardest working men” my family has ever known) and also mourn my friend, Jun Seba aka Nujabes. This has been a difficult time but I continue to push forward and do my best to stay strong for those I care about. A lot of people (friends, associates, and strangers) have sent their condolences and for that, I thank you. Now, I wish to tell you about what my friend Jun meant to me.
When J Dilla died, I saw a lot of T-shirts being made to keep his memory alive, I own 2 or 3 myself. The one that stood out the most to me, was the popular “Dilla Changed My Life” Tee. Although, I love most of his music, I never felt comfortable enough to buy that shirt because I can’t honestly say that he changed my life, although, I have been inspired by his work. There are some artists who influence and inspire me but if there is one who has TRULY changed MY life, it is without a doubt Nujabes.
We first began talking in 1999 when my friend, Sphere of Influence put us in contact. I hadn’t heard of him before that but when I got his beat tape (yes, it was an actual cassette) in the mail, I knew that he was something special so, I signed with his label Hyde Out Productions later that year. He took a chance on me when I was still trying to find my voice as an artist and a man. But he believed in my words and because of that, we have made a lot of great music together that will stand the test of time.
When we made music, we would often bicker, debate, argue, etc. because we both had such strong views and were very passionate about our crafts. Because of creative differences, I eventually left Hyde Out in 2002, causing us to collaborate a lot less. But, what I want people to know about him is the side people didn’t see. He was a great man. I use to joke and refer to him as Napolean because although he a small brother, he had a strong heart and mind. He had a great sense of humor. He also had a passion for music like none I’ve ever seen. He was a fan of great music and would travel the world in search of it. He was caring person. He loved his family and cared about mine. I am honored to have known him.
Although I am disappointed that we will not be able to collaborate on new music, I am deeply saddened by the thought that I won’t have the opportunity to just hang out with him again. I am just happy that I was able to thank him for what he’s done for me.
Nujabes has changed my life. If it wasn’t for him I wouldn’t have the following and support that I have in Japan. If it wasn’t for him, people around the world wouldn’t know my voice or my message. He has helped me provide for my family and he helped me build a career that I am proud of. For that, I am eternally thankful and I will honor his memory.
He will be missed more than he will ever get to know. My condolences to his family, all of the brothers and sisters who were blessed to know and work with him, and to the fans that truly loved his music. Keep his memory alive and remember if you really love or appreciate someone, be sure to tell them and support them while they’re here because they can be gone in a blink of an eye.
Lastly, I wanted to share this song with you from my debut album, To This Union A Sun Was Born, which seems to fit how a lot of us feel. The song is entitled, “Ain’t No Happy Endings”. I chose it to honor his memory not just because of the title but because I vividly remember how excited we both were, back in January 2000, when we finished recording it. We listened to it so many times right after we finished it, in his old studio, then he put it on mini-disc, and we played it some more in his van, on our way to grab dinner with the crew. Those were good times. ENJOY!

みんなへ、

この何日の間に、叔父のミルトンと盟友のヌジャベスをほぼ同時期に亡くしてしまって本当にツライ気持ちでいっぱいだったんだ。ツライ けど現実を受け止めて前向きに考えられるようにしようと思ってるんだけど、、、 なぐさめの言葉を送ってきてくれた友達、仕事仲間、みんなほんとにありがとう。

そういえば少し前にJDillaが亡くなった時、彼の功績を讃えるTシャツの中に
「ディラが自分の人生を変えた」って言うのがあったんだ。彼の音楽は好きだし影響も受けたけど、いくつかディラのTシャツを持っているけど、そのメッセージにはなぜか素 直に賛同できなかったんだ。多分それは僕の場合はヌジャベスが一番当てはまるからだと思う。

ヌジャベスと最初にやり取りをはじめたのは、友達のスフィア オブ インフレンスが僕らを1999年につなげてくれたときまでさかのぼるんだけど、その時はまだヌジャベスの事は知らなかった。 彼のビートの入ったテープ(そう、その頃はまだカセットテープ)が郵送されてきて、聴 いた曲に惚れこんで、その年にハイドアウトとサインをするきっかけになったんだ。

まだ自分が人としてもアーティストとしてもそこまで確立していなかったあの頃にヌジャベスは僕にチャンスをくれた。自分の言葉を信じてくれ たからこそ沢山の人に愛されるいい音楽を一緒に作れたんだと思う。でも作品づくりの時には、お互いのアツイ気持ちのせいでしょっちゅうぶつかってたなぁ。そんなこんなで最終的には2002年にレーベルを去ることになったんだけど、、、

みんなに伝えたいのは、あまりみれなかったかもしれない一面。 本当にイイ人間だったって事。いつも冗談半分で、小柄で頑固だからナポレオンみたいなやつだなんて言ってたけど、、、本当はしっかりとした気持ちとこころの持ち主だったんだよ。ユーモアのセンス、そして何よりも音楽に対してのパッションは人一倍あった。最高の音楽のためなら世界中を惜しまずに探しにいっていたし、、、
彼自身が時分の家族のことも僕の家族のこともいつもきにしてくれてたなぁ。本当に彼と知り会えたことは光栄におもってる。

これからヌジャベスとコラボが出来ないことは残念でしかたがないけど、もっと悔しいのはもう二度と会うことが出来ないこと。彼が僕にしてくれたことにただただ感謝することしかできないんだね。

だから「ヌジャベスは僕の人生を変えた」。もし彼がいなければ今の僕の音楽を聴いてくれる日本のファンからのサポートもないよね。彼がいなければ世界中の人に自分のメッセージも伝わらなかったし、家族を支えることも時分のキャリアをつくりあげることもできなかったと思う。これからもずっとこの思い出を忘れない。

彼はわからないかもしれないけど思っている以上に残念な出来事だよなぁ。 僕からの言葉として、 家族のみなさん、一緒に作品を作った人たち、そしてヌジャベスの音楽を愛したファンのみんな、本当にヌジャベスの音楽が好きなら一瞬でいなくなってしまうかもしれないけれどこの思い出を忘れずにサポートし続けていってほしいと思います。

最後に、僕のデビューアルバム「To This Union A Sun Was Born」からこの曲を捧げたいと思います。 今のみんなの思いとリンクできるんじゃないかな。 「Ain’t No Happy Ending」。タイトルでこの曲を選んだわけじゃなくって、この曲を録り終えた2000年1月、あの興奮冷め止まぬときの事を思い出したからなんだ。 この曲を録ったあとにヌジャベスの昔のスタジオで何度も繰り返し聴いて、そのあとMDにいれて夜メシに出かけるときに仲間と車のなかでもずーっとかけてた思い出の曲。ホントに楽しかった。

Substantial
http://qn5.com/blog/entry/remembering-nujabes-r.i.p/

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

セバさん

僕が独立したとき真っ先に会いに行ったのはセバさんでした。
いつだって、落ち込んだとき、楽しいとき、
スピーカーから出てくる音楽はセバさんの音楽だったから。

本当にありがとうございました。

また、いつか会いましょう。

01.jpg
02.jpg
03.jpg
04.jpg
太田好治(フォトグラファー)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

せばさん

そっちはあったかいですか? こっちは寒い日々が続いてます。
ふとした瞬間に記憶の縁からわき上がってくる想い出の数々に
心が締め付けられ 言い様のない喪失感が溢れ出してきます。
そして、一緒に時間を共有できた事の素晴しさに 
今更ながら気付き、”もう少しだけでも一緒に居られれば”
という後悔の念にかられてます。
最後に会った時に「しんすきー、働き過ぎだよ」って言いましたよね。
あの言葉を胸に刻んで オレの時間が止まるまで 走り続ける事にします。
次に会える時が来るまで、また一緒に笑いながらお酒が飲める時が来るまで
この素晴しき音楽の世界を見守っていて下さい。

May Your Soul Rest in Peace

Shin-Ski of Martiangang

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nss.guinness-records.com/~nujabes/cgi-bin/mt-tb.cgi/554

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)